片想いの女性に好意をアピールできる「あけおめ」LINE9パターン


新年にインパクトのあるLINEを送れば、片想いの女性に好意を伝えることができるかもしれません。世の女性は、どんな「あけおめ」LINEをもらうとその相手を意識し始めるのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性に聞いた声を参考に、「片想いの女性に好意をアピールできる『あけおめ』LINE」をご紹介します。

  • 【1】グループLINEではなく、個人あてのLINEで送る

    普段はグループLINEでやりとりする関係でも、このときばかりは個人に連絡してみましょう。「私だけに送ってくれた!」という特別な感じがすると、女性は好意を読み取ってくれるかもしれません。

  • 【2】「初詣、一緒に行かない?」など、デートの誘い文句を添える

    「初詣なら目的がはっきりしているので、気兼ねなく行けるかも!」(10代女性)など、初詣という口実があれば、女性も気軽に応じやすくなるようです。「二人きり」だと難色を示されそうな場合は、「友達も誘って大勢で行ってもいいよ」とハードルを下げるといいでしょう。

  • 【3】「お正月の予定は?」など、予定を尋ねる一言を添える

    「わざわざお正月みたいな特別なときに予定を聞かれると、『私のこと、好きなのかも?』と思っちゃう」(20代女性)など、年始の休暇中の予定を探られることで、好意を予感するケースです。空いている日を教えてもらったら、「じゃあ〇日に会おうよ」とすかさず誘って、デートを実現させましょう。

  • 【4】「今年も二人でいっぱい遊べますように」など、「二人で」を強調したフレーズを盛り込む

    「『みんなで』じゃなくて、わざわざ『二人で』と書いてあると、ちょっとドキッとしますね」(20代女性)など、一対一の関係を意識させる言い回しも、意味深な印象を与えるようです。同様に、『あなたと』や『一緒に』といった文言も効果的に使いたいところです。

  • 【5】「一緒にいると楽しいから、今年はもっと会いたい!」とストレートな気持ちを伝える

    「あけましておめでとう」の一文に続いて、「今年はもっと一緒にいたい」とストレートに書いてしまうパターンです。何でもないときには言いづらいことも、年始のこのタイミングであれば、自然な流れで伝えられるのではないでしょうか。

  • 【6】「今年『こそ』よろしく!」など、関係の進展をやんわり期待する

    「ちょっといいなぁと思っている男の子にこんなこと言われたら、好きになっちゃうかも」(10代女性)など、それとなく好意をほのめかすと、女性をドキッとさせられるようです。シリアスに迫ると重たくなってしまうので、冗談っぽい文脈に留めたほうがいいでしょう。

  • 【7】「今日は、何してるの?」など、現状を知りたがる一文を入れる

    「会ってなくても私のことを気にしてくれているのがわかって、嬉しい!」(30代女性)など、「あなたを気にしています」という気持ちをダダ漏れにするのも、女性の心を揺さぶるようです。ただし、そっけない返事が戻ってきたら脈なしの可能性が高いので、その場合はいったん引いたほうがいいかもしれません。

  • 【8】元日の午前0時ピッタリに送る

    「年が明けた瞬間にLINEをくれるなんて、絶対特別な感情を持ってるでしょ!?」(20代女性)など、LINEの送信時間を工夫して「特別感」を出す手もあります。とはいえ、友達が多い女性なら、同じタイミングで多方面からメッセージを受け取るに違いないので、埋もれてしまうのが嫌なら、「皆より少し早く」を意識するとよさそうです。

  • 【9】女性のために撮影した画像や動画を添付する

    「私だけに向けた動画が添付されていたら、好かれてるのかもって思う」(20代女性)など、その人のためだけに作ったオリジナルコンテンツを送ると、さすがに「もしかして気があるよね…?」と思ってもらえそうです。相手がどう受け止めるのかは未知数なので、さっと閲覧できる軽めの内容のものにしておくのが無難でしょう。

女性は「自分だけ、特別!」と思える内容の「あけおめ」LINEにクラッとくるようです。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock