彼女の手料理を食べたとき、控えた方がよい一言9パターン

付き合いが深まると、彼女の手料理をごちそうになる機会もあるはず。作ってくれた彼女に対して、感謝の気持ちを上手に表現することが大事です。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「彼女の手料理を食べたとき、控えた方がよい一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「意外と普通な味だね」と旨いとも不味いともいわない

    「美味しいのか不味いのか、ハッキリいってくれないとわからない」(20代女性)など、彼女を困らせるパターンです。手料理は味の良し悪しよりも、気持ちに感謝することが大切。少々オーバーでも「すごく美味しい!!」と褒めるのが男性の優しさでしょう。