「彼女未満」のタイミングでもらうと重たいクリスマスプレゼント8パターン

  • 【6】男性が自作した詩や曲

    「『お金はなくても、愛があればいい』というのが口グセだった男性。和紙に筆で書いた詩を贈られたことがあるが、誤字脱字だらけで幻滅した」(30代女性)、「クリスマスイブの夜、仕事を終えて帰宅したら、玄関前で待っていた男友達がギターで弾き語りを始めた。照れくさいというより、近所の手前、恥ずかしかった」(20代女性)というように、自作の詩や曲は、相手とのテンションにズレがあると、単に当惑させるだけなので注意しましょう。