一目惚れしたカフェ店員に好印象を与える行動9パターン


キュートなカフェ店員に一目惚れしてしまうこと、ありますよね? そんな彼女にアプローチする第一歩として、好印象を持ってもらうにはどうすればいいのでしょうか? カフェで働いた経験のある女性に、「好印象を抱くお客さん」について聞いてみました。

  • 【1】ドリンクを運んだときやお会計時に、目を見て「ありがとう」と言う。

    「どんな相手にも謙虚に同じ目線で接してくれる人はポイントが高い」(20代女性)、というように、お客さんのほうから笑顔で対応してもらえると、好感度がかなり高いようです。

  • 【2】混雑して焦っているときなどに「ゆっくりでいいですよ」などと優しい声をかける。

    「怒っても仕方ない状況なのに、器の大きい人だなと感じる」(20代女性)、「優しくされるとキュンとなる」(10代女性)など、困っているときに紳士的な言葉をかけられると嬉しいようです。混雑時などに声をかけてあげると効果的でしょう。

  • 【3】レジでお金の受け渡しをするときに、金額がわかりやすいようにお金を置く。

    「普段から気遣いのできる人なんだなと思う」(20代女性)など、親切な人と思ってもらえるようです。また、「お金を手渡しされると意識しちゃう」(10代女性)という声もありましたが、しつこく女性の手を触るなど、やりすぎると不信感を与える恐れもあるので気をつけましょう。

  • 【4】「オススメは何ですか?」などと、軽いトークができるきっかけを作る。

    「今日のオススメを聞かれて、答えた後に笑顔で『ありがとう』と言われるとホッコリした気分になる」(20代女性)など、オススメを聞くことは女性店員とのコミュニケーションのきっかけになるようです。2回目以降の来店にも使える話題であり、親交を深めるキッカケとなるでしょう。

  • 【5】ドリンクなどを運んでもらったとき、置きやすいようにさりげなくスペースを作る。

    「どんなときでも気配りのできる人なんだなぁと思う」(20代女性)など、好感度が高い行為のようです。食後、店員がさげやすいように、食器をある程度片づけておいてあげるのも効果的でしょう。

  • 【6】「大変ですね」などと、ねぎらいの言葉をかける。

    「私のことを見てくれているんだなと思って、ドキッとする」(10代女性)、「単純に嬉しい」(20代女性)など、ねぎらいの言葉にほだされる女性店員が多いようです。食器をさげてもらう際やお冷やをもらう際などに、さりげなく声をかけてあげると良いでしょう。

  • 【7】名札を見て、名前を覚える。

    「常連の人に名前を呼ばれると、私のこと覚えてくれているんだと思って嬉しくなる」(20代女性)など、相手に認識されていることに喜びを感じる女性店員がいるようです。ただし、突然呼ぶと気味が悪いと思われる恐れもあります。

  • 【8】他に店員がいても、いつもお目当ての店員に声をかける。

    「自分にばかり声をかけてくるお客さんがいると、私に気があるのかなと思う」(10代女性)など、男性として認識してもらえる可能性が高いようです。ただし、あまりにもしつこいと、女性店員に恐怖心を抱かせてしまうことがあるかもしれないので、ほどほどに。

  • 【9】自分が座っていた椅子を整えてから帰る。

    「自分や連れの椅子を整えてから帰る人を見ると、礼儀正しいなと思う」(20代女性)など、好感度が高いようです。お客さんのさりげない行動を店員は見ているものなので、ちょっとした気遣いを忘れないようにしたほうが良いでしょう。

笑顔で気遣いのできるお客さんに、女性店員は好印象を抱きやすいようです。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock