恥ずかし過ぎて、口に出せないセリフ8パターン

ムーディーなバーで彼女と二人きり・・・。こんな状況ならロマンチックな言葉を交わしたくなるのが恋人同士というものです。しかし、「君の瞳に乾杯!」のようなセリフでは、彼女は恥ずかしくなって気持ちが冷めてしまうのではないでしょうか。今回はそんなベタ過ぎてかえって相手に響かないクサいセリフをご紹介します。

  • 【1】「『美しい』って、君のためにあるコトバだよ」

    これはドラマや映画にありそうなセリフですが、この言葉で感激してもらえるのは基本フィクションの世界だけ。実際にやってしまうと相手が返事に困ってしまいますので、注意しましょう。