「女として扱われていない」と感じる瞬間9パターン

女性は「優しくしてほしい願望」を持っているものですが、そのなかには「ちゃんと女の子として扱って欲しい」という気持ちが含まれているようです。男友達と同じようにガサツな態度で接していると、恋愛関係に発展するのは難しいのではないでしょうか。そこで今回は、女性読者のリアルな声を交えて、「『女として扱われていない』と感じる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】品のない下ネタを普通に話されるとき

    女性は、リアルな下ネタは同性同士でしか話さないものだと思っているようです。また、「胸の小さい私の前で巨乳の魅力を力説されたとき」(20代女性)などのように、堂々と下ネタを話すことで、女として気遣われていないと感じる女性もいるようです。女性と会話を楽しむときは、内容の濃さだけでなく、テーマにも十分に注意しましょう。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)