ケータイ代節約のために電話を控えることを、彼女にすんなり受け入れてもらう方法8パターン

  • 【3】ケータイを同じキャリアにしたり、お互い電話用に2台目のケータイを持ったりすることを提案し、無料通話などのサービスを利用する

    お得なサービスを利用するパターンです。少々面倒は伴いますが、お互いが得をする合理的な方法だけでなく、「もっと長く話したい」といったポジティブな理由も伝えると、彼女も前向きに受け入れてくれるのではないでしょうか。また、ケータイショップにふたりで訪れて一緒に契約するなど、イベント性を高めれば面倒な手続きも特別な儀式に感じられるかもしれません。
  • 【4】Skypeなど、あまりお金を使わなくて済むサービスの利用を提案する

    お金のかからない別の通話方法を提案するパターンです。代表的なサービスとしてはインターネット電話の「Skype」があり、「Skypeでオッケーでしょ。テレビ電話もできるし。」(20代男性)、「Skypeを勧めます。タダだし、問題ないと思う。」(30代男性)など、利用する男性も多いようです。慣れないサービスを彼女が敬遠する可能性もありますが、その場合も「彼女の家に出張設定しに行く。いいところを見せるチャンス。」(30代男性)といったように、ポジティブに展開させることができるようです。