ケータイ代節約のために電話を控えることを、彼女にすんなり受け入れてもらう方法8パターン

  • 【2】正直に話した上で、「電話タイム」といった通話時間を限定するルールを設けるなど、ゲーム性を高める工夫をする

    ただ電話を控えるのではなく、遊びの要素を加えて工夫するパターンです。「『あと5分!』とか騒ぎながら急いで話したりすると、ダラダラ話すより盛り上がります。」(20代男性)といったように、電話を控えることをネガティブに感じさせないこともできるようです。遊びに付き合ってくれるようなノリの良い彼女であれば、違和感なく受け入れてもらえるのではないでしょうか。