ケータイ代節約のために電話を控えることを、彼女にすんなり受け入れてもらう方法8パターン

いくら大好きな彼女であっても、好きなだけ電話をしていたらケータイ代はとんでもない額になってしまいます。しかし、ケータイ代を節約するために、急に電話を控えると変な誤解をされる恐れがあります。また、下手にその意向を伝えた場合、彼女を傷つける恐れもあるでしょう。では、どのような伝え方が望ましいのでしょうか。今回は男性の意見を参考に、彼女に電話を控えることをすんなり受け入れてもらう方法をご紹介します。

  • 【1】正直に困っていることを話して、メールを使うようにしてもらう

    素直に理由から全て打ち明けるパターンです。「嘘や冗談で言うと信用を失いそう。」(20代男性)など、リスクを考えた上でストレートに伝える男性は多いようです。あまり上手に説得する自信のない人は、正直に話したほうがいいのかもしれません。その際は、きちんと理由から話すことを忘れないようにしましょう。