「実は女性に慣れていない」ことを上手に隠す振る舞い8パターン

  • 【6】咳込んでいるときにのどあめを差し出すなど、さりげない気配りを実践する。

    「風邪気味で咳をしていたら、『コンビニ行ったついでに買ってきたよ。』とのどあめをくれた先輩に、弱っていたこともあって惚れそうになった。」(20代女性)、「車で送ってくれるとき、缶コーヒーなんかをポンと手渡されると、『女性扱いに慣れてるなあ。』と感じます。」(20代女性)など、かゆいところに手が届く気配りに女性は弱いものです。ただし「『ぼく、気を使ってます!』みたいなアピールが強すぎるとめんどくさい。」(30代女性)といった意見もあるので、恩着せがましくならないように気をつけたほうがよさそうです。