「実は女性に慣れていない」ことを上手に隠す振る舞い8パターン

  • 【3】女性がしゃべっているときは「聞き役」に徹する。

    女性にとりとめのないおしゃべりはつきものですが、「『僕は違うと思います。』って、いちいち理詰めで口を挟まれても・・・。」(20代女性)という例のように、真に受けすぎて煙たがられてしまっては、非常に残念です。「女慣れしている人は、よくも悪くも聞き流すのが上手。」(30代女性)という意見からは、黙って「聞き役」に徹することで、女性と過ごす時間を円滑にやり過ごしている男性像が見えてきます。何かアドバイスを求められたときは別ですが、単に気持ちよくおしゃべりさせてあげたほうが得策な場合もあります。