「実は女性に慣れていない」ことを上手に隠す振る舞い8パターン

男子校の出身だったり、男性ばかりの職場に勤めているなど、「女性に接する機会に恵まれずに生きてきた」男性は、意外と多いと思います。しかし女性と同席するチャンスは、ある日突然訪れるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』読者の女性を対象に、「『女性に慣れていない』と気づかれないためには、どんなことに注意するといい?」というテーマで意見を募集してみました。目からウロコが落ちるよう、な女性たちの本音をご紹介します。

  • 【1】どんなに美しい女性の前でも、落ち着いた態度を心がける。

    女性に接した経験が少ないと、緊張して身構えてしまうのは仕方のないことですが、「明らかにキョドってると、やっぱり引く。」(10代女性)、「視線が泳いだりする人はアウト。」(20代女性)など、オドオドとした挙動は考えものです。一方で「はた目にも舞い上がっているのがバレバレだと、みっともない。」(20代女性)というように、女性を前にしたうれしさのあまり、テンションが上がりすぎる人も敬遠される場合があります。実際の心中は穏やかでなかったとしても、表向きは落ち着いた態度を心がけておいたほうがよさそうです。