女の子に「勘違い男決定!」の烙印を押されてしまう行動9パターン

気になる女の子に対して自分をアピールすることは大切ですが、アプローチの仕方を間違えれば「勘違い男」という真逆の評価を下される恐れがあります。では、どのような行動が勘違いであると見なされるのでしょうか。今回は女性の声を基に、女の子から「勘違い男決定!」の烙印を押されてしまう行動をご紹介します。

  • 【1】モテエピソードなど、やたらと自慢話をする

    自分がいかにいい男であるかを直接女の子に語ってしまうパターンです。「自分で自分の魅力を口に出すのはカッコ悪い事に気が付いていない。」(30代女性)、「あからさまな自慢話は器が小さく見える。」(10代女性)など、自慢話は勘違い行動の中でも特に女の子受けが悪いようです。いい男かどうかは女の子側が判断するものと考え、デートのエスコートや日常会話からさりげなく好印象を与えるように努めた方がよいでしょう。
  • 【2】目が合っただけで相手に好かれていると考える

    「目が合う=女の子が好意を持って自分を見つめている」と、短絡的に考えてしまうパターンです。「視線を感じたから見ただけ。」(10代女性)など、目が合っても女の子の方は何の意図も持っていないことがほとんどでしょう。目が合うことはあくまで会話のきっかけだと考え、謙虚な姿勢で話しかけるべきかもしれません。