彼女の手料理が美味しくなかったときの一言9パターン

一生懸命作ってくれた料理が、お世辞にも美味しいと言えないとき・・・。たとえショックが大きくても、ヘタなことを言ったら二度と作ってもらえないかもしれせん。今後の二人の関係に大きく影響する、男としての真価が問われる瞬間です。そこで今回は、「彼女の手料理が美味しくなかったときの一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「うん、美味しいよ!」

    彼女の気持ちを考えて嘘をつくパターンです。とてもやさしい選択に見えますが、料理が本当に美味しくない場合は、後に繰り返し苦痛を味わう可能性があります。「これ、好きだったよね?」と、同じ料理を同じ味で出されるはずですから・・・。個性的な味も「慣れれば美味しく感じるようになる」という考え方もありますが、お互いのためにも嘘は避けた方が良いかもしれません。
  • 【2】「・・・味見した?」

    料理が美味しくないことを、はっきりと伝えるパターンです。単純に「マズい」と言って突き放すよりも、味見の有無を聞くことで建設的な会話に発展することを期待できます。彼女と末永く付き合っていきたいという気持ちがあれば、軽いダメ出しも愛になるはずです。多少気まずい空気になるのは覚悟の上で、勇気をもって言ってみましょう。