彼女の手料理が美味しくなかったときの一言9パターン

一生懸命作ってくれた料理が、お世辞にも美味しいと言えないとき・・・。たとえショックが大きくても、ヘタなことを言ったら二度と作ってもらえないかもしれせん。今後の二人の関係に大きく影響する、男としての真価が問われる瞬間です。そこで今回は、「彼女の手料理が美味しくなかったときの一言9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「うん、美味しいよ!」

    彼女の気持ちを考えて嘘をつくパターンです。とてもやさしい選択に見えますが、料理が本当に美味しくない場合は、後に繰り返し苦痛を味わう可能性があります。「これ、好きだったよね?」と、同じ料理を同じ味で出されるはずですから・・・。個性的な味も「慣れれば美味しく感じるようになる」という考え方もありますが、お互いのためにも嘘は避けた方が良いかもしれません。