知り合ったばかりの女の子にLINE&メールする際の7つのポイント


知り合った女の子の連絡先を聞き、挨拶メールを送る方は多くいると思います。しかし、それ以降のメールはなかなか難しいもの。そこで今回は、「知り合ったばかりの女の子にLINE&メールする際の7つのポイント」をご紹介いたします。

  • 【1】一度にいくつも質問しないこと。

    「趣味は何?家帰ってからは何やっている?」などの連続した質問は、女の子から気味が悪いと思われます。『一回のメールで、ひとつの疑問』が適切でしょう。

  • 【2】女の子からの返信が早くても調子に乗らないこと。

    メールを返すことは、「礼儀」だと考えている女の子もいるので、油断は禁物です。

  • 【3】共通の話題を探り続けること。

    メールを続ける秘訣のひとつに「共通点の発見」を意識することがあります。共通点を見出すことでコミュニケーションが活発化する可能性が高まります。直接会った時に、共通の話題を発見し、その内容に関するメールを送れることが理想的でしょう。

  • 【4】メールは、会うためのキッカケと捉えること。

    ご存じのように、直接会うことで、飛躍的に仲良くなれます。メールだけで仲良くなろうとするのではなく、デートにつなげることを意識してみましょう。メールにおける目的意識を明確に持つことで、文章にも魂が宿るかも!?

  • 【5】女の子が寝ている時間にはメール送信を控えること。

    直接会った時に、寝る時間などのライフスタイルにまつわる話を聞きだし、女の子が寝ている時間にメールを送らないように気をつけましょう。女の子の眠りを妨げることで、「ウザイ男」と思われるリスクがあります。

  • 【6】時には返信を必要としない内容のメールを送ってみること。

    質問メールばかりでは、女の子も返信が面倒だと感じる可能性があります。たまには「変化球」として、女の子に疑問を投げかけないようなメールを送ってみましょう。ただし、毎日のように、このような自己完結型のメールを送り続けた場合、嫌われる可能性があるので、注意した方がよさそうです。

  • 【7】初めてメールを送る場合には、軽く自己紹介を入れておくこと。

    知り合ったばかりで、一度しか会っていない女の子にメールする場合、顔や所属、関係性など忘れられているかもしれません。会って一週間以上経過してからメールを送る際には、簡単な自己紹介をしてもよいかもしれません。

みなさんは知り合ったばかりの女の子にメールする際、どのように工夫しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock