ウザい人から学ぶ第一印象に関する失敗教訓9パターン

入学や入社、人事異動による転勤など自分の身の回りに環境変化が起こる季節において、「どのような第一印象を与えるか?」が大きなテーマとなります。特に、新しい環境変化で一目惚れした女の子に対しては、最悪な第一印象になってしまうことは避けたいものです。今回は、最悪な第一印象を避けるために「ウザい人から学ぶ第一印象に関する失敗教訓9パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】最初からタメ語で話をする人。 

    初対面での印象は重要です。最低限の礼儀は必要となります。初対面での印象を良くするためにも、最初は敬語で話したいものです。自分自身が敬語での会話 を苦手と感じていても、相手の考え方は分かりません。まずは最低限度失礼のないように敬語で話しかけることが得策だと考えられます。