デートに遅刻したときのフォローの仕方7ステップ

単なる寝坊や交通トラブル、突発的な仕事などによってデートに遅刻してしまう要因は、たくさんあります。予め早めの行動を心がけ、遅刻しないように試みることは大切なことですが、遅刻することを避けられないケースも多々あると思います。皆さんは遅刻したとき、どのようにフォローしているでしょうか。今回は、待たせている相手の怒りを収めるために、「デートに遅刻したときのフォローの仕方7ステップ」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】遅刻する旨、事前に連絡する。

    事前の連絡なく遅刻することは、相手の怒りを高めることになります。たとえ、言い出しづらくても、遅刻することを予め伝えるようにしましょう。この事前連絡を伝えることができれば、相手も待ち時間を有意義に過ごすことができるかもしれません。実際には、事前連絡せずに、「急いでいて、連絡できなかった。」と言う方がいますが、待たされる相手のことを思えば、急ぐこと以上に事前連絡は重要なミッションとなります。