睡眠不足でデートに臨む5つのデメリット


睡眠不足では、健康被害や仕事の非効率化などが知られています。では、睡眠不足は、恋愛においてはどのような影響を与えるのでしょうか。今回は、デートに関する影響について考察し、「睡眠不足でデートに臨む5つのデメリット」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】女の子のワガママに応えられなくなる。

    サンホセ州立大学の調査によると、睡眠時間の短い人ほど競争的で、他人と衝突しがちな傾向にあることがわかったそうです。睡眠不足の状態で、女の子からワガママを言われた場合、イライラし、ケンカとなる可能性があります。女の子のワガママを受け入れることができるように、十分な睡眠を確保するようにしましょう。

  • 【2】会話に集中できなくなる。

    睡眠不足になると集中力が極端に低下すると言われています。デートにおいても、相手の話を聞く際には集中力が 必要となります。睡眠不足で、集中力が低下している状況では、円滑なコミュニケーションができず、女の子を楽しませることができなく なります。

  • 【3】デートに遅刻する恐れがある。

    身体が睡眠を欲している状態は、寝坊してしまうリスクも発生します。デートでの遅刻は、信頼を大きく失うキッカケとなります。女の子の信頼を保つためにも、十分な睡眠を取り、寝坊しないことを心掛けましょう。もし、デートに遅刻しそうな場合には、できるだけ早く遅刻してしまうことを連絡し、到着後は誠意を持って謝りましょう。

  • 【4】見た目が損なわれる可能性がある。

    睡眠不足によって、顔色が悪くなり、見た目が損なわれる可能性があります。カッコイイ服装と同じくらい顔色も重要です。また、肥満という形で、見た目が損なわれる可能性もあります。コロンビア大学のNational Health and Nutrition Examination Survey を基にした研究発表では、 平均睡眠時間が4時間以下の人は、 望ましいとされている平均睡眠時間7時間の人に比べて73%も肥満になる確率が高く、 睡眠時間が5時間の人は50%、 睡眠時間が6時間の人は23%肥満になる確率が高くなると発表されています。睡眠不足によって、将来的に肥満となる可能性が高まるかもしれません。

  • 【5】食事を楽しむことができなくなる。

    睡眠不足が慢性化することによって、食欲をコントロールするホルモンのバランスが崩れることが様々な論文等で明らかになっています。睡眠不足でデートに臨んだ場合、食欲がないため、食事を楽しむことができなくなる可能性があります。食欲のない相手との食事は、食事における感動を共有できないため、女の子が寂しい気持ちになるリスクがあります。一緒に食事を楽しめるように、しっかりと睡眠を取る必要がありそうです。

睡眠不足でデートをしたとき、どのような失敗をしたことがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock