バーベキューで女の子からの好感度をアップさせる方法8パターン

照りつける日差し、青い空。野外で飲むビールや、焼きたての肉を最高においしく感じるこの季節。みんなんでワイワイ、にぎやかにバーベキューを楽しむという男性は多いと思います。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女の子たちを対象に、「バーベキューで男性のどんなところを見ているの?」という本音を集めてみました。バーベキューで好感度アップをねらうためのポイントを紹介させていただきます。

  • 【1】ドリンクなど重たいものの調達を買って出る。

    「食材係って女の子が担当しがちですが、肉・野菜だけでも結構な量なのに、調味料やビールも運ぶのは大変。」(20代女性)など、「男手」として重いものを持つ役割を期待する声が多く集まりました。「バーベキューの経験が浅くても、荷物持ちぐらいならできるでしょ?」(20代女性)という意見に象徴されるように、自分にできることから積極的に引き受ける姿勢があると、周囲の見る目も好意的になります。間違っても「人に運ばせておいて、『俺、発泡酒ダメなんだよー!ビールはないの?』とのたまった男。だったら自分で買ってこい!」(30代女性)と言われるような類の過ちを犯さぬように気をつけましょう。
  • 【2】調理を女の子まかせにしない。

    なかには料理が得意な男性もいると思いますが、材料の下ごしらえなどは、どうしても女の子たちにまかせがちです。そんなとき、「『やってみるから、どうすればいいか指示して。』と声をかけてきた彼をちょっと見直した。」(20代女性)というように、自発的に関わろうとする態度は好印象を与えます。一方で、自分で料理をするつもりのない男性は、「『活きのいいのがあったよ!』と、うれしそうに買ってきたのは丸ごとのサバとイカ!果物ナイフ一本でどうしろというの?」(30代女性)など、悪気はないにしても無責任な行動を取ってしまいがちなので、注意したいものです。