女性が「まじめに話を聞いていない」と思う瞬間9パターン

  • 【3】ケータイをいじったり、よそ見をしているとき。

    これはあからさまに、「話を聞いていない」のがわかる例かもしれません。「メールを打ったり、メニューを読んだり、ほかのことに意識が向いているのが丸見えだと、『まじめに聞いてよ!』と言いたくなる。」(10代女性)「真剣に悩みを相談しているのに、ふと相手の手元を見たらケータイでゲームをしていた。ガッカリするのを通り越して、怒りを覚えた。」(20代女性)など、不興を買うだけでなく、敵意を抱かれる恐れがあるので、注意したほうがよさそうです。