「デート代は男性が奢るべき」という価値観に対する、いまどき女性の本音9パターン

一般的に「デート代は男性が出すもの」と言われていますが、実際には割り勘にしているカップルは少なくないなど、懐事情は人によって様々。世の女性たちは「デート代の奢り」について、本音ではどう考えているのでしょうか? 今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『デート代は男性が奢るべき』という価値観に対する、いまどき女性の本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「せめて一番最初のデートは格好を付けて欲しい」

    「ずっとじゃなくていいから」(20代女性)など、最初のデートだけでも頼り甲斐を見せて欲しいという女性は多いようです。ただし、二回目になって「割り勘で…」と切り出すのは意外と難しいので、あらかじめ「最初だからね!」と明るく言っておくといいかもしれません。