「もう彼女と別れろよ…」と感じた友達の悲惨なコイバナ9パターン

恋人のワガママや裏切りに、ある程度耐えることも必要だと思います。ですが、周りから「悲惨」と思われる状態なら、幸せな付き合いは難しいかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、「『もう彼女と別れろよ…』と感じた友達の悲惨なコイバナ」を教えていただきました。

  • 【1】彼女が明らかに浮気をしている

    「目を覚ませよって思います」(20代男性)というように、浮気の証拠まで抑えているのに彼女を信じている友達に対して、いたたまれない気持ちになったという男性もいます。彼女にとって自分が本命の存在なのかどうかも含めて、冷静に見つめ直したほうがよさそうです。