男性からもらってドン引きした「あけおめLINE」9パターン


「あけおめLINE」が届くと、どんな相手でもとりあえず嬉しいものです。けれどもなかには、女性をゲンナリさせてしまうものも存在するよう。そこで『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに、送ると女性に引かれてしまうLINE9パターンをご紹介します。

  • 【1】「俺の今年の夢は…」と決意表明がぎっしり書かれた独りよがりな内容

    「あなたの抱負など、知りたくありません!」(10代女性)と、一方的に自分のことばかり書かれたLINEをもらうと、嫌悪感を覚える女性もいるようです。あけおめLINEに限ったことではありませんが、自分のことばかりをつらつらと書くのは控えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】「よいお年を!」ともらってからすぐに届いた「あけおめ」LINE

    「ストーカーのように、次々送られても困ります」(20代女性)というように、頻繁すぎるLINEも警戒されてしまう可能性があるでしょう。LINEのやりとりも、言葉のキャッチボール。送信するときは、女性のペースを考慮したほうがよさそうです。

  • 【3】「今年も一緒に人生を歩んでいこう」と彼氏気取りの文面

    「『俺のモノ』的なLINEがくると、背中がぞっとしちゃう」(20代女性)と、付き合っているかのような印象を受ける内容は、相手を選んで送らないと危険なようです。逆に向こうに気がある場合は期待を持たせてしまうので、二重の意味で注意が必要でしょう。

  • 【4】コピペみたいに紋切り型の文面のLINE

    「みんなに送ってるんだろうなあ、というのは文面でわかります」(20代女性)と、女性は紋切り型の文面のLINEに「やっつけ感」を感じてガッカリするようです。「この前のカレー屋さん、また行こうね」など、その人だけに向けた一文を添えて送ると、特別感が演出できるでしょう。

  • 【5】絵文字や顔文字もいっさいなく「あけおめ!」の一言だけ

    「内容がほかになにもないと、やっぱり残念な気持ちに」(20代女性)と、あまりにも素っ気ないLINEには興ざめしてしまうという声も寄せられました。ただし絵文字満載のガーリーな内容でも引かれかねないので、たとえ短くとも心を込めたメッセージを打つのがベストのようです。

  • 【6】それほど仲がいいわけでもないのに、どうでもいい話題を無理やり引き延ばす

    「あけおめの挨拶以外に会話するネタもないのに、無理やり話を引き延ばされるとめんどくさい」(10代女性)と、構ってちゃんなLINEにも警戒心を抱く女性が存在するようです。じっくりやりとりしたければ、それなりの関係を築くのが先でしょう。

  • 【7】新年の挨拶もなくいきなり飲み会のお誘いだけ

    「元旦に、あけおめの一言もないLINEが来てビックリしました」(20代女性)と、挨拶すらしない態度に困惑してしまう女性も多いようです。常識を疑われてしまう危険性もあるので、せめて三が日中は新年の挨拶を添えて送ったほうがいいでしょう。

  • 【8】なぜか男性の家族の集合写真が添付

    「『私は、あなたの家に嫁にいくんですか?』と突っ込みたくなります」(20代女性)と、意味深過ぎる家族写真を送られて困ったという女性もいました。ただし全員コスプレをしているなどという企画モノならば、逆に笑いをとれるかもしれません。

  • 【9】0時ジャストに「おめでとう。愛している」の告白

    「好きな人なら嬉しいけれど、友だちなら引きます」(20代女性)というように、独りよがりのロマンチックLINEも、それほど好意的に思われていない場合は気持ち悪く感じられてしまうようです。告りたいなら、不意打ちではなくきちんと会ってしたほうが、成功率が上がるかもしれません。

女性をドン引きさせてしまう「あけおめ」LINEには、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんの体験談をお聞かせください。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock