2回目のデートした女性がいきなり疎遠になる意外な理由9パターン


初デートを無事に済ませ、2回目のデートにこぎつければ、恋愛は順調に進んでいると思いがち。しかし実際には、それ以降からいきなり女性と連絡が取れなくなるケースは多いようです。一体なぜ、女性は心変わりしてしまうのでしょうか? そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「2回デートした女性がいきなり疎遠になる意外な理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】2回のデートで見切りをつけ、これ以上進展はないと判断した

    「本格的に付き合うまではお試し期間でしょ」(20代女性)など、恋愛関係に発展する前のデートは、あくまでも相手の人となりを知る機会と考えている女性は多いようです。限られたチャンスにしっかり女性をリードして、相手の気持ちを掴む努力をしたいものです。

  • 【2】男性の気持ちを重く感じて、会い続けるのが怖くなった

    「こっちはまだ様子見のつもりなのに、ガンガン押されると重い」(20代女性)など、まだ気持ちが揺れている段階の女性は、激しい好意のアピールを「重い」と感じることもあるようです。相手の心の動きをよく観察し、一歩一歩関係を進めていくべきでしょう。

  • 【3】恋愛の駆け引きとして、「引くことも大事」と思っている

    「そこから更に押されたら、グッとくるかも」(20代女性)など、男性の真剣さを確認するために、あえて疎遠にするという女性もいるようです。どんなに会いたいかを情熱的に伝えるなど、熱い気持ちをアピールしてみてもよさそうです。

  • 【4】仕事や試験などやるべきことに忙しく、時間的余裕がなくなった

    「将来を考えたら、いまは勉強に集中したくて」(10代女性)など、相手の立場やタイミングによっては、恋愛に費やす時間がないケースもあるようです。控えめなメールだけのやり取りに切り替えるなど、相手に余裕ができるまで待ってみるのも手でしょう。

  • 【5】別の彼氏候補と付き合い始めたなど、他の男性に気が移った

    「特定の彼氏を決めるまでは、誰とデートしてもいいじゃん」(10代女性)など、複数の男性と同時並行的にデートをしてみる女性もいるようです。相手が本命を定めてしまったら逆転は難しくなるので、なるべく迅速に自分の魅力をアピールしたいものです。

  • 【6】メールや電話の連絡が頻繁すぎて、うっとうしくなった

    「舞い上がっちゃってる感じで嫌になった」(20代女性)など、正式に付き合う前段階でメールや電話をしすぎると、面倒に感じる女性もいるようです。メールの返信は相手のペースに合わせるなど、一方的な押し付けにならないよう注意すべきでしょう。

  • 【7】恋愛経験が少なく、デートそのものだけに興味があった

    「恋愛っていうかデートがしてみたかった」(10代女性)など、男性とのデート自体に興味はあるものの、その先に進むのはまだ早いと考えている若い女性も少なくないようです。相手に恐怖心を与えないよう、ゆっくりと関係を深めていく配慮が必要でしょう。

  • 【8】2回のデートで「彼氏気取り」になった男性に腹を立てた

    「『他の男と会うな』とか何様ですか」(20代女性)など、まだ関係が深まる前から生活に口出しするなど、「彼氏気取り」の態度を不快に感じる女性は多いようです。せめてお互いに信頼関係ができるまでは、相手の行動に干渉しすぎるのは避けたいものです。

  • 【9】直感的に、なんとなく相手に興味が持てなくなった

    「理屈じゃなく、多分好きになれないってわかってしまった」(20代女性)など、感覚的に「もういいや」と思ってしまう女性もいるようです。具体的な理由がないため対策が非常に難しいですが、デートの際はなるべく「素」を出して、等身大の自分でぶつかっていけば、後悔は少なくて済みそうです。

ほかにも、「2回目のデートした女性がいきなり疎遠になる意外な理由」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock