想いに気づいて!女の子が告白のつもりで言っているセリフ9パターン


周りから「ニブイ男」と言われたことがある方は要注意。なんとなく聞き流した一言が、実は女の子が想いを込めたメッセージだった、なんてこともあるかもしれません。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者のみなさんに、「『好き』という言葉は使っていなくとも、女の子が告白のつもりで言っているセリフ」を教えていただきました。

  • 【1】「これからも○○君と一緒にいたいな」

    「フラれにくい言いまわしを選んでます」(20代女性)というように、ダイレクトに付き合ってと言えず、「一緒にいたい」などの遠回しな言葉を選ぶ女の子もいるようです。相手に気があるなら「そうだね」と共感を示したうえで、自分の想いを打ち明けるといいかもしれません。

  • 【2】「私は○○君、結構イイと思うんだけどなー」

    「この言葉で、こっちの想いに気づいてほしい!」(10代女性)というように、魅力があると伝えることで、好意をアピールする女の子もいます。嬉しい言葉に感謝しつつ、「僕も○○ちゃん結構イイと思うよ」などと返答すれば、同じ気持ちだと伝わるでしょう。

  • 【3】「○○君の隣にいると、なんか落ち着くなー」

    「ずっと隣に居たいの! って意味です」(20代女性)というように、男性の隣を指定席にしたいという思いを込めて、一緒にいるときの安らぎを伝える女の子もいます。ただし、「ただ単におとなしいから落ち着く」などの意味で言った可能性もあるので、「どうしてかな?」などとやさしく尋ねると本心が見えるかもしれません。

  • 【4】「○○君は私のこと、あんまり興味ないの?」

    「私は大好きなんだけどという続きは言えなくて…」(20代女性)というように、自分への関心をはかるセリフを通じて、暗に男性への想いを伝えようとする女の子もいるようです。緊張を隠すために冗談っぽく聞かれる恐れがあるので、どんな場合も真面目に答えましょう。

  • 【5】「気がつくと○○君のこと考えてたりするんだよねー」

    「てゆーか、ずっと考えてる」(10代女性)というように、このセリフを「男性が頭から離れないほど好き」という意味で使う女の子もいます。その言葉に対し「僕も同じだよ」などと答えれば、二人は恋仲になれるでしょう。

  • 【6】「数年後、二人ともフリーだったら付き合おっかー」

    「今じゃなくて未来の話なら断られないかなと…」(20代女性)というように、本当はすぐに付き合いたいけれど、ストレートに伝えるのが怖いので将来の話をする女の子もいるようです。「今からじゃだめ?」という問いかけを、女の子は期待しているのかもしれません。

  • 【7】「ああ、○○君みたいな彼氏が欲しいなぁ…」

    「心の底からでてきたつぶやきです」(30代女性)というように、独りごとのようなフリで、男性への想いを語る女の子もいるようです。まんざらでもない相手からの一言なら、「じゃあ、付き合うか!」などと答えてあげましょう。

  • 【8】「○○さんのこと、尊敬しています!」

    「好きという気持ちと憧れを込めて」(20代女性)というように、目上の相手に自分の想いをアピールするために、「尊敬」という言葉を選ぶ女の子もいます。二人で飲んでいるときなどに、勇気を絞り出すような感じで言われたときは、告白と同意ととらえてよさそうです。

  • 【9】「○○君は、好きな人、いるのかな…」

    「好きな相手にしかそんなこと言わない」(20代女性)というように、告白の前置きのような感じで、男性に気になる存在がいるのか確かめる女の子もいます。ただし、単に盛り上がる話題として尋ねてくる場合もあるので、軽いノリで聞かれたときは重くとらえない方がいいでしょう。

「『好き』という言葉は使っていなくとも、女の子が告白のつもりで言っているセリフ」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)