ケンカ中、勢いあまって言うと取り返しのつかない本音9パターン

恋人同士でもケンカのときには激しい言葉が飛び交うこともあるでしょう。ただ、勢いで言った一言が、二人の関係に深い傷を与えることもあります。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「ケンカ中、勢いあまって言うと取り返しのつかない本音9パターン」を紹介します。

  • 【1】愛されていないことがショックな「もう別れたほうがいいかも」

    「別れるつもりがないときに言われると悲しい」(20代女性)など、ケンカ中でも別れを持ち出すと、女性を傷つけてしまうようです。この発言をきっかけに本当に別れにつながることも多いので、その気がなければ決して言わないようにしましょう。