手持ちのお金じゃ足りない!ワリカンを上手にお願いする方法9パターン

おごるつもりで誘ったのに手持ちでは間に合わないとき、準備不足を反省すべきですが、ひとまずその場では、女の子の気分を損ねずにワリカンをお願いしたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の方の意見を参考に、「女の子が予想外に大食いでワリカンにせざるをえなくなったとき、その場を取り繕うための一言」を考えてみました。

  • 【1】「ごめん、お金をおろすの忘れた」と言う

    「まあ、すぐにおろせるわけでもないしね」(20代女性)というように、預金はあるけれども、手持ちがないといえば一応格好はつきそうです。後日、「この前はゴメンね」と言って何か御馳走すれば、本当はおごるつもりだったことも理解してもらえるでしょう。