女の子をイラッとさせる「自称モテ男」の発言9パターン


自分に自信があるのは素敵なことですが、過信するのは考えもの。「自称モテ男」というありがたくないレッテルを貼られないためにも、問題発言はさけたいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に「女の子をイラッとさせる『自称モテ男』の発言」を集めてみました。

  • 【1】「あの子めっちゃ俺のこと見てるわ」と、勝手に視線を感じる

    「いや、見てないし。その自信はどこからくるの?」(10代女性)というように、勘違いな発言は自意識過剰にもほどがあると思われるようです。ただし、「なんか、あの子とよく目が合う気がする」など、控えめな伝え方をすれば悪い印象を与えずにすむでしょう。

  • 【2】「俺って誰かに似てない?」と言いながら、芸能人の写真を取り出す

    「分からなくて首を傾げたら、イケメン俳優の写真が…!?」(20代女性)というように、自らアイドルや俳優に似ていると言って有頂天になっている姿が痛々しいようです。たとえ事実でも女の子に指摘されるまで黙っていたほうがいいのかもしれません。

  • 【3】「勝手に女が寄ってくるんだよなぁ」と迷惑そうにする

    「こういうこと言うヤツに限ってブサイク」(20代女性)というように、たとえそこそこの顔面偏差値でも、本当にそこまで言える容姿なのかと厳しい目で見たくなるようです。また、実際モテていてもそれを自慢すると、「痛い人」だと思われることを肝に銘じましょう。

  • 【4】「学生時代は結構コクられてた」と、昔の自分を自慢する

    「で、今はどうなの?」(30代女性)というように、昔のモテ話をしたところで、女の子の興味をひけるわけではないようです。もし現在あまり女性から告白されることがない場合、過去の栄光にすがって生きていると同情されかねないので、昔話は控えたほうがいいのかもしれません。

  • 【5】「つり合う女がいないから」とまわりのせいにする

    「モテないのに強がり言ってかわいそう」(20代女性)というように、環境のせいにするのは、自分に魅力がないことを認められないからだと思われるようです。ただし、「いい出会いがない」と言いかえれば、聞き手に不快な思いをさせずにすむでしょう。

  • 【6】「見て! 見て! あの男ダサくね!?」と自分を棚に上げて、他人を見下す

    「見ず知らずの人に対して上から目線のアンタもイタいよ」(20代女性)というように、ほかの男性へのダメ出しは、聞いていて気分が悪いもののようです。本当にモテる人は劣等感がないので、他人を下にして自分を安心させる必要はないのかもしれません。

  • 【7】「お前はもっと自信を持っていい」などと、上から目線で語る

    「何様のつもりだよ(笑)」(20代女性)というように、尊敬していない相手にイケメン口調で語られると、女の子の目にはカッコいいどころか滑稽に見えるようです。カッコよく語ろうとするよりも、むしろ聞き手にまわったほうが好印象を与えられるでしょう。

  • 【8】「今は彼女つくってない」など、すぐにまた彼女ができるかのような発言をする

    「わざわざ『今は』って、強調しなくていいでしょ」(30代女性)というように、彼女がいない自分を取り繕うのに必死な印象を与え、逆にカッコ悪く見えるのかもしれません。恋人がいないならいないとハッキリ伝えたほうが潔いでしょう。

  • 【9】「自分から女の子を誘ったことがない」など、それとなくモテアピールをする

    「じゃあ、どうして私程度の女と会いたがるの?」(30代女性)というように、本当に自分からアプローチしたことがないのかと、疑惑の目を向けてしまうようです。ただし、仮に「シャイな性格が災いして」などの理由があれば、ピュアな印象を与えられるかもしれません。

「女の子をイラッとさせる『自称モテ男』の発言」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)