女性が「強引だけど、意外にアリ」だと思うアプローチ9パターン


相手の気持ちを考えられない男性は恋愛的にNGですが、多少強引であっても情熱を感じさせるアプローチは、女性的に「意外とアリ」なようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女性が『強引だけど、意外にアリ』だと思うアプローチ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「早く俺のこと好きになりなよ」と真剣な声で伝える

    「冗談めかすんじゃなくて、声が本気だとグッとくる」(20代女性)など、会話のなかに「強気な押しのセリフ」を混ぜることで、男らしく堂々とした印象を与えることができるようです。この際、表情は笑顔の方がスマートでしょう。

  • 【2】「絶対に君じゃないとダメなんだ」と強い意志を伝える

    「またまたー! と思うけどドキドキする」(20代女性)など、ただの「好き」を超える情熱をストレートに伝えることで、気持ちを揺さぶられる女性は多いようです。ただし、重くなり過ぎないように多少のユーモアを交えたほうが印象はよさそうです。

  • 【3】「じゃあ次のデートは映画ね」など、デートの約束を強引に決める

    「会いたい気持ちが伝わるし、男らしいって思う」(20代女性)など、付き合う前のデートでは、男性が強引に行き先などを決めたほうが、女性は受け入れやすいようです。「女性は当日来るだけでOK」という状況を作ることで、上手くリードできそうです。

  • 【4】人ごみのなかで何も言わずにギュッと手を握る

    「強引に手を引かれると、思わずついて行っちゃう」(20代女性)など、デート中にやや強引に手を握ることで、男女の関係を強く意識させることができるようです。人ごみのなかや階段を降りるときなど、女性が守ってほしいタイミングで手を握るとよさそうです。

  • 【5】「俺なら絶対に幸せにできる!」と自信をもって伝える

    「その自信の根拠は? でも信じたくなる」(20代女性)など、「君を幸せにする」という男性の決意に、乙女心を刺激される女性は多いようです。ただの言葉であっても、自分自身が信じていなければ口には出せないもの。心から思い込むことが大切でしょう。

  • 【6】腰をグイッと引き寄せ、耳元で「好きだよ」と囁く

    「ベタだけど、こういうのに弱い…」(20代女性)など、ボディータッチや耳元での囁きといった「ベタな強引さ」も、相手によっては効果的なようです。ただし、初対面に近いような間柄や人目が多い場所などでやるのは逆効果でしょう。

  • 【7】デートをやんわり断られても、めげずに何度でも誘う

    「3回くらい食い下がられると、熱意にほだされる」(20代女性)など、1度や2度の拒絶でめげることなく押し続けることで、道がひらけることもあるようです。なお、4回以上連続で断られた場合、本気で嫌がられている可能性があるので、相手の反応を見定めましょう。

  • 【8】「かわいいね」「そういうところが好き」など言いすぎなほど褒める

    「それは褒めすぎ! と思うけど、悪い気はしない」(20代女性)のように、いわれた本人が照れるほどオーバーに褒めることで、わかりやすい好意を伝えることも大切なようです。「おれにとっていま人気の女優○○より美人だ」くらいの一言は言いたいところです。

  • 【9】初対面から間を開けずにデートに誘い「会いたい」を連発する

    「時間が経ってから連絡されても、あんまり覚えてない」(20代女性)など、出会ってすぐのデートの誘いは一見軽いようで、実は女性に情熱を感じさせるようです。「鉄は熱いうちに打て」というように、好意はスピーディに伝えたほうがよさそうです。

ほかにも、「女性が『強引だけど、意外にアリ』だと思うアプローチ9パターン」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock