愛されてる気がする!とむしろ歓迎される嫉妬の仕方9パターン

ジェラシーや束縛は嫌われる原因ですが、それが全くないと不安になるという女の子もいるようです。では、どんなふうにやきもちを焼けば愛情として捉えてくれるのでしょうか? そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「むしろ愛されている気がしていいと感じる嫉妬の仕方」を教えてもらいました。

  • 【1】「できれば、ほかの男とあんまり話さないでほしい」という控えめなお願い

    「遠慮がちでいいと思った」(20代女性)というように、「男と話すな」などの強制は不快だけど、謙虚に頼むなら許せるようです。女の子に何かやめてほしいことがあるときは「もし可能なら…」というスタンスで伝えるといいかもしれません。
  • 【2】大勢で遊びに行くときの「男も来るの?」という不安げな質問

    「いたところで何にも起こらないのに…」(10代女性)というように、遊びに行く自分を心配する彼氏がいとおしいと感じることもあるようです。ただし、「男がいるなら行くな」などと命令すると強烈な束縛になってしまうので、あくまで問いかけにとどめましょう。