買い物デートで彼女が勧める「ダサい服」をうまく断る方法9パターン

ショッピングデートをしていると、彼女が微妙な服をプッシュしてくることがありますが、そんなとき、どうすれば傷つけずに拒否できるでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「買い物デートで、彼女が勧める『ダサい服』をうまく断る方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「似たものがあるかもしれないから、もう一回りしよう」と軽やかにスルーする

    「彼女のオススメアイテムを中心に服選びをすると思わせるのがミソ」(20代男性)など、ポジティブな理由をつけてかわすパターンです。「ボタンがもう少し派手だといい!」などと具体的に物足りないポイントを挙げると、彼女に「確かにもっといいのがあるかも」と思ってもらえるかもしれません。