パーティで初対面の女性に聞いてはいけない質問8パターン


春といえば出会いの季節。合コンやパーティなどに参加するチャンスも増える時期ですが、華やかな席で初対面の女性と向かい合うと、「何を話せばいいんだろう・・・・・・?」と悩んでしまう男性は多いのでは。うっかり口をついた話題が場にそぐわなければ、女性を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。そこで今回は、パーティー・イベント運営のROOTERSの協力で、カップリングパーティに出席していた女性30人を対象にインタビューを実施。実際に集まったコメントを参考にして、「パーティで初対面の女性に聞いてはいけない質問8パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「彼氏はいますか?」と最初に確認する

    「『いるなら用はない』と言われてるような気がします。」(東京都20代女性)という意見から、恋人の有無で会話相手を「選別」している印象を与えてしまうようです。

  • 【2】「今何歳ですか?」と取り急ぎ確認する

    「『あなたが何歳なの?』と聞きたくなります。気を使って欲しい。」(埼玉県30代女性)などの意見から、女性の年齢をストレートに聞くのは、いつの時代も変わらぬタブーです。20代後半?の女性から多くあがったコメントです。

  • 【3】「どんなタイプの男が好きですか?」と好みを聞こうとする

    「自分が好みと違ったら他をあたるのかな、と考えてしまいます。」(東京都20代女性)などの意見から、恋愛関係の話ばかりしたがる男は、女性からは「ガッついた態度」に見えるようです。

  • 【4】「今日は何しに来たんですか?」と目的を聞いてくる

    「『出会いを探しに』とは答えづらいし、返答に困ってしまいます。」(千葉県20代女性)などの意見もあり、趣旨のはっきりしたパーティでは、無神経な質問になってしまいます。

  • 【5】「前の彼氏はどんな人でした?」と過去の恋愛話を聞こうとする

    「時と場所を考えて欲しいです。」(東京都20代女性)などの意見が集まりました。「なんで別れちゃったの?」などと掘り下げるのはさらにNGです。

  • 【6】「今日は何時ごろまでいられるの?」と帰宅時間を妙に気にする

    「『しつこく聞かれると、狙われてる?』と不安になります。」(東京都20代女性)に加え、住所を聞かれるのが不安という意見も。女性に身の危険を感じさせる態度は断然NGです。

  • 【7】「とりあえずメアドを教えて」と連絡先を確保しようとする

    「出会いを次につなげるためには必要な質問ですが、強く聞かれて断るのは大変。自然なタイミングで聞いて欲しい。」(埼玉県20代女性)などの意見もあり、早急すぎれば悪印象を与える恐れがあります。しっかり会話を盛り上げてから聞くのがマナーです。

  • 【8】「(今の仕事の)お給料はどれくらい?」とやたら収入を気にする

    「普通に考えて、自分が聞かれたら嫌だと思うんですが・・・・・・。」(東京都30代女性)などごもっともな意見も。お金だけに限らず、個人情報を深掘りしすぎるのは避けましょう。

そのほか、「酔った勢いで体に触ったり、下ネタを言われるのは嫌だ」というコメントも多く頂きました。華やかなパーティの席では気持ちが舞い上がってしまいがちですが、普段以上にスマートな態度を忘れないようにしたいですね。みなさんのご感想をお待ちしています。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock