オナラが出てしまったときのひと言9パターン

当たり前ですが、レディの前ではオナラをしてはいけません。しかし、彼女の前で一生オナラを我慢するのは難しいですし、勝手に出てしまうことがあるのも事実です。問題は、放出後のリカバリー能力。一人前の男ならば、状況に応じたとっさのひと言で気まずさを回避できるはずです。そこで今回は、9パターンの「オナラが出てしまったときのひと言」を紹介いたします。

  • 【1】「失礼。」

    オナラが出てしまった後のひと言は、基本的に「謝罪」「認めない」「ウケを狙う」の3つが考え方のベースとなります。そのうち、「失礼。」はレストランや映画館などで出てしまったときに相応しい謝罪のひと言です。強く、短く、真面目に謝ることで誠実な印象を与えるため、イジリにくい雰囲気を作ることができるはずです。