女の子に「今年もお世話になりましたLINE」を送るメリット5パターン

  • 【3】感謝の気持ちや好意をほのめかして、自分の存在を印象付けられる

    節目の挨拶として、「今年は〇〇の件でお世話になりました」と具体的なエピソードを挙げると、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。さらに「優しさに感動しました」などとちょっと強めの表現を用いると、こちらの好意もにじみ出るので、「もしかして私のこと好きなのかも?」と気に留めてもらえそうです。
  • 【4】節目の挨拶なので、リアクションを返してもらえる可能性が高い

    なんとなく「最近どう?」と送るより、かしこまった挨拶の体裁で連絡したほうが、相手も真面目に受け止めるものです。「だから何?」とスルーされたくなければ、「年末の挨拶」を口実に、このタイミングでコンタクトを取るのが安全かもしれません。