女の子に「今年もお世話になりましたLINE」を送るメリット5パターン


何かとあわただしい年の瀬ですが、あらゆることをリセットするタイミングでもあるので、気になる女の子と接点を持つには絶好のチャンスです。ここで「今年もお世話になりました」という趣旨のLINEを送っておくと、いったいどのような「いいこと」があるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』『オトメスゴレン』読者の声を参考に、「女の子に『今年もお世話になりましたLINE』を送るメリット」をご紹介します。

  • 【1】しばらく連絡を取っていない女の子とやりとりを再開できる

    なんとなくご無沙汰になってしまった女の子に、いきなり「元気?」とアプローチしても、怪しまれるのがオチです。その点、「年末の挨拶」という大義名分があれば、自然な形で連絡できるので、以前のような親しいやりとりにつなげやすいでしょう。

  • 【2】「実は課長になりました」などの近況報告が自然にできる

    「今年もお世話になりました」という趣旨のLINEに、一年を振り返るような内容を添えると、自分の近況をアピールすることもできます。「彼女と別れた」「職場で昇進した」など、機会がないと言い出しづらいことも、ついでにさらっと書いてしまえば、興味を持ってもらえるかもしれません。

  • 【3】感謝の気持ちや好意をほのめかして、自分の存在を印象付けられる

    節目の挨拶として、「今年は〇〇の件でお世話になりました」と具体的なエピソードを挙げると、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。さらに「優しさに感動しました」などとちょっと強めの表現を用いると、こちらの好意もにじみ出るので、「もしかして私のこと好きなのかも?」と気に留めてもらえそうです。

  • 【4】節目の挨拶なので、リアクションを返してもらえる可能性が高い

    なんとなく「最近どう?」と送るより、かしこまった挨拶の体裁で連絡したほうが、相手も真面目に受け止めるものです。「だから何?」とスルーされたくなければ、「年末の挨拶」を口実に、このタイミングでコンタクトを取るのが安全かもしれません。

  • 【5】暇なお正月に頻繁なやりとりが生まれ、急接近の可能性が高まる

    実家に帰省するにせよ、自宅で寝正月を送るにせよ、基本的に「お正月はのんびり過ごす」という人が多いはずです。暇を持て余した人が手にするものといえばスマホなので、年末にやりとりのきっかけを仕込んでおけば、お正月中にコミュニケーションが生まれ、一気に距離が縮まることもあるでしょう。

いかがだったでしょうか。年末にLINEする勇気は湧きましたか?皆さんのご意見をお待ちしています。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock