女の子にとっては意味のない「モテ男になるための努力」9パターン

男性がモテるためにする努力はたくさんありますが、なかには女の子に「ムダ」と思われているものもあるようです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「女の子にとっては意味のない『モテ男になるための努力』」にはどんなものがあるか教えてもらいました。

  • 【1】全くキャラに似合わないのに無理して香水をつけること

    「普段つけてないのが丸わかり。くさくて鼻がまがる」(20代女性)というように、つけなれていないため、量を間違えた香水は、モテるどころか女の子に嫌がられてしまうだけのようです。普段香水をつけない人は、ほのかに柔軟剤の香りを漂わせるなどで清潔感をアピールしたほうが賢明といえるでしょう。
  • 【2】長時間かけて奇抜な髪型にセットすること

    「もっと自然な髪型が好きなのに」(10代女性)というように、気合を入れてセットした頭も、やりすぎるとかえって不評なようです。好きな髪型にするのは勝手ですが、モテるために整髪料をたくさん使って「盛りすぎ」ても、あまり意味がないのかもしれません。