女性が憧れる告白の細かなテクニック9パターン

ホワイトデーまであと少し。チョコをもらった(あげた)人もそうでない人も、寒い季節は寄り添う恋人がほしいもの。そこで今回は、最新のラブソングを厳選した、「レコチョク」初のオフィシャル・サポートCD「着ラブ」を制作する過程において女性400名に行った調査。そこで浮き彫りになった、実際に女性から集まったコメントを参考に「女性が憧れる告白の細かなテクニック9パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「僕の彼女になってくれませんか」など、告白のときだけ敬語を使う。

    「後ろから抱き締められてこれ言われたらもう駄目です。敬語好きです。」(埼玉県10代女性)など、普段の話し方とは違う、改まった言葉にぐっときてしまうようです。