好きな子に彼氏ができた!…そのとき悔やむこと9パターン

  • 【3】「どんな子がタイプ?」など恋バナになったとき、はぐらかさなければよかった

    「本人の前で変に照れてしまって…」(20代男性)というように、せっかくの恋バナで好意をにおわすことができずに後悔しているパターンです。今がチャンスとばかりに「キミみたいなタイプ」と言えるようなノリも身に着けたいものです。