好きな子に彼氏ができた!…そのとき悔やむこと9パターン

誰だって、気になる女の子をほかの男性に奪われたくはないもの。「あのとき、こうしておけば…」と後悔したくなければ、然るべきタイミングでちゃんと行動に出るよう、心掛けておいたほうがよさそうです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者のみなさんに聞いたアンケートを参考に、「好きな子に彼氏ができた!…そのとき悔やむこと」をご紹介します。

  • 【1】恥ずかしがらず、もっと積極的に話しかけておけばよかった

    「僕が好意を持っていたことも知らないと思う」(10代男性)というように、自分から話しかけておけばよかったと後悔しているパターンです。最初は軽い挨拶だけでも、とにかく顔を合わせるたびに声を掛けるようにすると、徐々に共通の話題が見えてくるかもしれません。