女性が今でも思い出す「感動した告白」9パターン

告白は「友人」と「恋人」の分岐点であり、二人の思い出の出発点です。女性のなかには、男性から受けた告白の感動が長く記憶に残っている人も少なくないようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女性が今でも思い出す『感動した告白』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】恋愛トーク中に「好きな人っている?」「実は君なんだ」

    「さりげない会話のなかの衝撃」(20代女性)など、友達と思っていた相手が、突如として恋人候補に変わる驚きに女性は感動するようです。まずは友人として恋愛トークができるくらいの間柄になることが重要でしょう。