女の子が憧れる「ラブソングのようなシチュエーション」9パターン

歌詞に自分を重ね合わせて、作品の世界観に浸るのは音楽の楽しみ方のひとつ。特にラブソングの歌詞に共感しながら聴いている人は少なくないでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに、「女の子が憧れる『ラブソングのようなシチュエーション』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「激しくケンカしているのに、相手を心底愛していると実感している」

    西野カナの『君って』のように、何があっても好きな人のそばにいるという一途な想いを、ケンカ中に感じる女の子もいるようです。素直に「好き」と言えない状況だからこそ、恋人に対する熱い想いが胸に膨らみ、愛しさを感じるのかもしれません。