そんなに深い仲じゃないのに…警戒される初デートの誘い方9パターン


初デートは、2人の距離を縮める大切なイベントです。ところが、誘い方を一歩間違えると相手との間に溝ができてしまうかもしれません。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「『そんなに深い仲じゃないのに』と女性に警戒されてしまう初デートの誘い方」を紹介します。

  • 【1】「2人きりで飲みに行こうよ」と、お酒がメインになっている

    「酔った勢いで何かされそうで…」(20代女性)と、ただの食事ではなくお酒が入ったデートプランに不信感を抱く女性は多いようです。まだ出会って間もない女性との初デートは、お酒を飲まないランチデートなどを設定してみるのもいいかもしれません。

  • 【2】「ドライブしよう」と、遠方まで連れ出そうとする

    「2人きりだし、どこに連れて行かれるか分からない」(20代女性)と、行き先や拘束時間が予想できないドライブデートに不安を覚える女性もいるようです。せめて初デートの段階では小旅行などは避け、比較的近い場所を目的地にしましょう。

  • 【3】「次の日仕事?」と、翌日の予定まで聞き出す

    「『泊まりになってもいいや』と思われてる気がする」(30代女性)と、最初から家には帰さない雰囲気の誘い方に、違和感を覚える女性もいるようです。初デートでは「何時の電車で帰れば大丈夫?」と聞くなど、女性を心配してあげたほうがよさそうです。

  • 【4】「うちに遊びに来なよ」と、下心が見え見えである

    「完全に体目的としか思えない」(20代女性)と、いきなり自宅に招こうとする男性に多くの女性が警戒心を抱いているようです。「うちにDVD観に来ない?」などの誘い文句も女性には「体目当て」と思われているので、誘い方には慎重になりましょう。

  • 【5】「◯時から会えない?」と、遅い時間に待ち合わせをしたがる

    「そのままホテルに連れて行かれそう。昼間じゃダメなの?」(20代女性)と、男性の都合のいい流れに持っていかれそうな雰囲気に、嫌悪感を抱く女性もいるようです。初デートでは深夜に行動するプランは避け、日中のデートを提案したほうが安全でしょう。

  • 【6】「カラオケ行こうよ」と2人きりで密室の状況を設定される

    「ほぼ初対面なのに密室は緊張する。触られたりしないか不安」(10代女性)と、狭くて薄暗い空間で2人きりの状況は、初デートにふさわしくない場合もあるようです。同様にマンガ喫茶などの個室に長時間滞在するプランも避けたほうがよいでしょう。

  • 【7】「家でまったりしたいなー」と、出かける労力を惜しむ

    「やる気を感じられないし失礼だと思う」(20代女性)と、積極的に出かけようとしない姿勢に、誠意を疑ってしまう女性もいるようです。デートコースはいくつか候補を挙げられるくらい用意しておいたほうが、女性をわくわくさせられるでしょう。

  • 【8】「何もしないから!」と、必要以上にアピールする

    「やたら『大丈夫だから』と繰り返されても、何が大丈夫なんだよと思う」(30代女性)と、安心感を強調されるほど、かえって心配になる女性もいるようです。女性にとって「何もしない」イコール「何かある」と言われているようなものだと覚えておきましょう。

  • 【9】プール、温泉、岩盤浴など体を露出するプランを提案される

    「初デートではそこまで心を許してない」(20代女性)と、体を露出するのはよほど親密なカップルでない限り無理だと考える女性もいるようです。また、化粧崩れを心配している場合もあるので、水や汗の心配があるプランは提案しないほうがよさそうです。

ほかにはどのような初デートの誘い方をすると、女性に警戒心を持たれてしまうのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock