片思い中、好きが爆発しそうなときに「落ち着く方法」9パターン

片思いの最中は、気持ちが高ぶって冷静さを欠いた行動を取ってしまいがち。そのせいで、せっかくの恋がうまく進まないのはとても残念なことです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「片思い中、爆発しそうな気持ちを冷却させる行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】友人に電話し、相手があきれるくらい好きな子の話をする

    「誰かに話すと気持ちが落ち着くから(笑)」(20代男性)など、熱い思いを友人に聞いてもらうことで消化する人もいるようです。ただし、聞かされるほうも楽しいとは限らないので、話に付き合ってもらうときは、「ごめん、どうしても聞いてほしくて…」と前置きするようにしましょう。
  • 【2】フラれる場面など、あえてネガティブなことを考える

    「浮かれた気分を吹っ飛ばせるから」(20代男性)など、最悪の事態を想像することで冷静さを取り戻す人もいるようです。ただし、ネガティブ思考を深めすぎると自信を喪失しかねません。基本的には気持ちが浮わついているときのみに有効な方法と考えましょう。