「縁起いいね!」と女の子が喜ぶ「あけおめメール」9パターン


一年の計は元旦にあり。気になる女の子を喜ばせる「あけおめメール」を送れば、二人にとって素敵な一年になるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、どんな「あけおめメール」が来てほしいと願っているのか教えてもらいました。

  • 【1】「○○ちゃんにとって最高の一年になりますように!」と女の子の幸せを願うメール

    「私の幸せを願ってくれてありがとう!!」(20代女性)というように、「人の幸せを願える人」という好印象を抱かせることができそうです。たとえば失恋など、前年に辛い経験をした女の子は喜んでくれるでしょう。

  • 【2】0時ピッタリに「あけましておめでとう!」と一番乗りで送られてきたメール

    「0時ピッタリだとドキッとする」(10代女性)というように、正月を迎えた瞬間に送られてくるメールに特別感を抱くようです。ただし、0時ピッタリは回線が混雑するため、23時58分くらいから何度も送信をトライしましょう。

  • 【3】「今年は絶対いいことがあるよ!」と女の子の幸せを予言するメール

    「人から言われると、本当にいいことがある気がしてくる」(20代女性)というように、一年間の幸せを予言するメールも嬉しいようです。具体的に「就職が上手くいくよ」など、何が上手くいくのか伝えられると、女の子の心により響くかもしれません。

  • 【4】一斉送信ではなく「○○ちゃん、あけましておめでとう!」と女の子の名前が書いてあるメール

    「私のため『だけ』のメールを用意してくれたことに感謝!!」(20代女性)というように、その女の子限定だとわかる「あけおめメール」も嬉しいようです。「去年は○○だったね」など二人しかしらないエピソードを入れると特別感があっていいかもしれません。

  • 【5】ついさっき撮影したばかりの「初日の出の写真つき」のメール

    「幸せのおすそわけをありがとう!」(30代女性)というように、幸運をわけてもらったような気分になるようです。初日の出を送るなら、撮影してすぐに送ると縁起のいい感じがしていいかもしれません。

  • 【6】「また今年も一年よろしくね!(特別な意味で)」など好意が伝わるメール

    「こちらこそよろしくね(特別な意味で)って返しちゃうかも」(20代女性)というように、お正月を迎えて幸せな気分のときは、女の子にも好意が伝わりやすいのかもしれません。女の子の反応がよければ、続きのメールで初詣デートに誘うこともできそうです。

  • 【7】門松や鏡餅の絵文字がセンスよく配置されているデコメール

    「正月に味気ないメールもらうよりいい」(30代女性)というように、お正月らしさを演出するデコメに喜ぶ女の子もいるようです。ただし、「男の絵文字は嫌い」という女の子もいるので、絵文字を使わない女の子に送るのは控えましょう。

  • 【8】「去年は頑張ってたね。今年も頑張ろう!」など去年の頑張りを褒めるメール

    「今年も私のことを見ててくれるかなぁ?」(10代女性)というように、頑張っていたことを褒められ、気分を良くする女の子もいます。いつも見守っていることも伝わるので、恋愛対象としてより意識させることもできそうです。

  • 【9】「今年は笑顔一杯の一年になりますように!」など笑顔の二人をイメージさせるメール

    「この人と一緒なら一年楽しそうだなー」(20代女性)というように、男性と一緒にすごしたいという気持ちが芽生える女の子もいるようです。すでにデートしたことがある場合は、「また楽しいことしよう!」と付け加えるとより笑顔のイメージがわくかもしれません。

ほかにはどんな「あけおめメール」が感謝されそうだと思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock