彼女が「話を聞いてほしい」と思っているときの密かな合図9パターン

恋人同士においても、ときには自分からストレートに切り出すのが難しい話題もあります。そんなとき女性は「密かな合図」を送ることで、男性の方から話をふってもらうことを期待しているようです。『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「彼女が『話を聞いてほしい!』と思っているときの密かな合図9パターン」をご紹介します。

  • 【1】無言でジーッと視線を送ってくる

    「『話聞いてオーラ』を出しつつ、目で訴える」(20代女性)など、言葉には出さない代わりに、視線でアピールするのは定番の合図のようです。昔から「目は口ほどにモノをいう」というように、彼女が強い視線を送ってきたら、何か話があると察してあげたいものです。