ボウリングで嫌われる男性7パターン

  • 【3】まったく手加減しない男

    圧倒的な実力差を見せつけるパターンです。「ボウリングがうまくて素敵!」と好印象を与える可能性もありますが、負けず嫌いな女の子が相手の場合、女の子が不機嫌になる可能性があります。女の子のタイプに応じて、ハンデをつけたり、手加減したりするなどの工夫が必要でしょう。