今思うと「振られて当然」だと思う告白の失敗例9パターン

「失敗は成功のもと」と言いますが、できれば告白で失敗はしたくないもの。そこで「人の失敗は成功のもと」にするべく、『スゴレン』男性読者に聞いた「今思うと『振られて当然』だと思う告白の方法9パターン」の例から、告白成功のヒントをもらいましょう。

  • 【1】直接言わなかったために、気持ちが伝わらなかった「メールで告白」

    「直接会って言わないと思いは伝わらない」(20代男性)というように、メールに気持ちを込めたつもりでも、女性側は無味乾燥に感じるようです。また「直接言えないいくじなし」という印象を与えるのも失敗の原因のようです。
  • 【2】ほとんど話したことがない段階での「早すぎる告白」

    「『よく知らないのになんで?』って戸惑われた」(20代男性)と、相手が唖然としてしまうパターンです。一般的に女性のほうが男性より、内面を重視する傾向にあります。よく知らない間柄での告白は、男性の外見が女性にとって好みだったとき以外は成功率が低そうです。