「低スペック」の意味とは?その特徴や彼女を作る方法を徹底解説!

低スペックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。恋愛や結婚において、男性のスペックが高い・低いといった言い方をすることがあります。本記事では低スペックの意味を知るとともに、その特徴や彼女の作り方について考えていきます。

  • そもそも「低スペック」とは?

    低スペックな男はモテない、結婚できないという噂を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、低スペックってどういうことを指すのか、そもそもスペックって何?と疑問に感じる人もいるでしょう。

    そこで低スペックの意味をはじめ、低スペックな男性の特徴や彼女を作る方法について徹底解説していきます。

    「スペック」の意味


    スペックは、もともとは機械などの仕様について指す言葉で、性能や構造を表にしたものという意味で使われることが多いです。それを人間に当てはめて、特に恋愛においての用語として使われるようになりました。

    恋愛では「スペックが高い、低い」または「高スペック、低スペック」といった使い方をします。この場合でのスペックの意味は、容姿や学歴、職業といった要素を指すことが多いです。特に男性に関しては身長や収入なども重要なスペックとして含まれています。

    「低スペック」の意味


    低スペックとは、その言葉からもわかるようにスペックが低いことを意味します。男性に関していえば、容姿が悪い、学歴が低い、収入が低い、身長が低いといった特徴を併せ持つと、低スペックといわれるでしょう。

    スペックの中でも職業や収入が最も重視されがちですので、容姿が悪くても高収入であれば低スペックとはいわれないようです。ですが、特にフリーターなど定職に就いていない場合は、スペックが低い男性として見られることがほとんどでしょう。

    逆に「高スペック」な男性とは?


    単純にスペックが低い男性を低スペックというとすると、逆に高スペックとはどのような男性を指すのでしょうか。最近はもはや死語になってしまいましたが、いわゆる「三高」がまさに高スペックな男性を示す言葉といえるでしょう。

    背の高いイケメンで、高学歴・高収入な男性は現在も高スペックといわれますよね。三高が死語になった現在でも、やはりこのようなスペックの高い男性は多くの女性からモテる傾向にあるようです。

    低スペックだと恋愛で不利って本当?


    では、低スペックな男性はモテないし恋愛でも不利なのでしょうか?実は、高スペックな男性がモテるからといって、必ずしも低スペックな男性に恋愛のチャンスがないというわけではないのです。

    女性もキャリアを積みしっかり収入を得る時代になりましたので、「相手が低スペックなら私が稼げばいい」と考えるたくましい女性も増えてきました。スペックよりも人柄を重視する傾向もありますので、スペックだけで恋愛できないと思い込む必要はないのです。

    出典:goo辞書『スペック の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AF/

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)