夢占いでの階段の夢の意味は?上る・落ちるなどパターン別に解説!

夢は、運気や深層心理などを表すと言われています。「階段の夢を見たけど、何の意味があるのだろう」と不思議に思う方は多いのではないでしょうか。本記事では、階段の夢の意味について紹介します。階段の夢占いについて気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【夢占い】階段の夢が暗示するものは?

    記憶に残る夢を見た後は「何か意味があったのかな」と思うことが多いはず。そんなときは、夢占いをしてみましょう。夢占いをしてみることで、夢が何を示していたのか明確にできます。

    本記事では、階段に関連した夢占いまとめました。夢占いにおいて階段は何を意味しているのか、基本的な意味をチェックしてみてください。

    階段の夢の基本的な意味


    夢占いで、階段はこれから歩んでいく人生の道筋を示しているとされています。例えばスイスイと階段を上っていく夢であれば、これからの人生は順調に進んでいくと言えるでしょう。

    逆に、階段を上るのに困難を感じたときは大変なことが待っていることを夢占いは意味しています。階段がどのような状況にあり、あなたが何を感じたかによって夢占いの意味は変わるのです。

    また、夢占いにおいて階段は目標に向けて上がっていくステップも表しています。目標を掲げている場合、達成するためにはいろいろなことが起こるはず。夢の中に出てきた階段は、これから起きることを暗示していると言えます。

    落ちる・踏み外す夢はジャーキングの可能性も


    階段から落ちたり、階段を踏み外す夢を見ると、本当に落ちていくような感覚を感じることはありませんか?これは夢占いとは関係のないジャーキングである可能性が考えられます。ジャーキングとは、深い眠りへと入る前に起きる筋肉の痙攣のことです。

    うたた寝をしている場合に体がビクッと動くことがあれば、それはジャーキングになります。眠りに入るか入らないかぐらいのところでジャーキングが起きると、まるで階段から落ちたり、踏み外したりといった感覚に陥るため、このような夢を見ていると考えられるでしょう。

    階段から落ちたり踏み出したりした後にすぐに目が覚めることがあったら、ジャーキングと言えます。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)