非モテ男子の残念な特徴は?外見/性格/会話/など詳しく紹介します

  • 非モテ男子のあるあるな特徴 ≪外見編≫

    非モテ男子にはたくさんのあるあるな特徴がありますが、どれも残念なものばかりといっても過言ではありません。

    まずは、非モテ男子のあるあるな特徴の中から、外見の残念なあるあるをご紹介します。

    清潔感がない


    男女を問わず、見た目に清潔感が感じられない人は嫌がられます。これは、本能的なものといっていいでしょう。

    例えば前方から、いつ洗ったのかわからないもじゃもじゃにもつれた髪に無精ひげ、ヨレヨレの服を着た男性が歩いてきたとします。おそらく、大半の女性が「汚い」と感じるはずです。

    それだけでなく、「コワッ!」と感じる女性も少なくありません。見た目の清潔感のなさは、女性に恐怖心を抱かせることが多いのです。

    たとえ恐怖心とまではいかなくても、嫌悪感を覚えるのは間違いありません。非モテ男子に多いあるあるですので、思い当たる男子は注意しましょう。

    服のサイズが合っていない


    非モテ男子の残念なあるあるに、服のサイズが合っていないという特徴が挙げられます。

    ズボンはぶかぶか、Tシャツやボタンを留めるタイプのシャツもダボダボといった具合に、全体にルーズなのが特徴です。

    こういう非モテ男子は、体を締め付けるのが嫌で、わざと大きめのサイズを選んでいる可能性もありますが、見た目にはまったく服のサイズが合っていないように見えてしまいます。

    その結果、女性は「ファッションに興味がなく、見た目を気にしない男性」と受け止めるでしょう。「こんな男子と並んで歩くなんて恥ずかしい」と思われるのは、非モテ男子に多いあるあるです。

    服の趣味がひどい


    服のサイズは合っているし、それなりに清潔にしているけれど「これはダメだわ」と女性に思わせるのが、服の趣味がひどいことです。

    非モテ男子のあるあるな服の趣味に、髑髏や龍などのハードすぎるデザインや、奇抜すぎる派手な色使いなどが挙げられます。

    また、ジーパンにウォレットチェーンをじゃらじゃらひっかけているのを見て、「服の趣味に品がない」と感じる女性も少なくありません。

    持っている物が安物ばかり


    バッグや財布、帽子などの持ち物が安物ばかりというのも、非モテ男子の外見に多いあるあるです。

    例えば、バッグから取り出した財布が100円ショップで売られているようなチープすぎる物だったり、バッグ自体が破れてボロボロということもよくあります。

    新しくても安物であることがありありとわかるような物や、汚れたり破れたものを平気で持てる神経に、「彼氏にするのは無理!」となるのももっともですね。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)