碁盤攻めのやり方やコツ!刺激的な体位のメリットやデメリットも解説

日本人が江戸時代に編み出したとされているセックスの体位四十八手。その中のひとつ、碁盤攻めという体位をご存知でしょうか。アクロバティックな体位が多い四十八手の中では比較的簡単なのに、刺激的だと人気なようです。今回はそんな碁盤攻めのやり方を詳しくご紹介します。

  • 碁盤攻めは征服感が味わえる最高の体位!

    碁盤攻め(ごばんぜめ)は四十八手の体位のひとつで、遥か昔に多くの人々に親しまれていた囲碁が関係しているとされています。囲碁で使われる高さ30cmほどの碁盤を用いてセックスを楽しんでいたことから、その名前が付けられました。

    女性が碁盤に手を付いて、その後ろから男性が挿入する背面立位のことを碁盤攻めと言います。昔の人は、囲碁を嗜んだ後に欲望を抑えきれず、そのまま碁盤の前で体を重ねていたのでしょう。

    今では碁盤があるシチュエーションにはなかなか出会いませんが、低めの場所に女性が手を付いて行う立ちバックが碁盤攻めなのです。男性が女性の腰を掴んで動く様は、征服感を満たしてくれる最高の体位と言えます。